R元年(H31年)度の主な活用事業

最終更新日:2020年09月10日

 「ふるさと納税」とは、新たに税を納めるものではなく、ふるさと(自分が貢献したいと思う都道府県・市区町村)への寄附金のことで、個人が2,000円を超える寄附をしたときに、住民税(5,000円を超える部分)と所得税(2,000円を超える部分)から一定の控除を受けることができる制度です。
 寄附先の "ふるさと” に定義はなく、出身地以外でも「お世話になったふるさと」や「これから応援したいふるさと」など、各自が思う "ふるさと” を自由に選ぶことができます。
 つまり、納税者が税金の納付先や使い道を指定できる、画期的な制度なのです。

お知らせ

白糠町へご寄付いただきました皆様へ、感謝の気持ちを表し、かもめ~るにて、お知らせしております。
表面の下部くじ番号にて、抽選で、白糠町より特産品をはじめとしたプレゼントをさせていただきます。
日頃の感謝を込めて、39(サンキュー!)人にあたります。
当選結果は以下のとおりです。

いくら醤油漬(500g)3名様  205205 326002 445009

さんま刺身といわし刺身セット 3名様 24636 303807 303849

鮭とばイチロー(300g)×2個 10名様 
               64047 77332 125655 182510 244177 294101 303887 312421 315323 333316

マルツボのたこカレーセット 3名 103218 104728 755071

この豚丼ごちそう便 2名様 254774 292392

この豚丼のたれ 3名様 63510 107718 393145

鍛高譚と鍛高譚の梅酒セット 3名様 313176 382035 384224

鍛高譚梅酒ソーダ割り 2名様 64808 206190

ビン・カシワ絵葉書・切手セット 10名様 
                137190 154141 186818 245413 245496 273595 275549 283761 303687 595317


おめでとうございます!

当選されたみなさまは白糠町役場(01547-2-2171 ふるさと納税担当)まで連絡をよろしくお願いいたします。
当選確認をおこない、白糠町の特産品をお届けいたしますので、お楽しみにお待ちください。


主な活用事業

平成30年度のふるさと納税寄附金は、令和元年(平成31年)度の事業で次のとおり活用させていただきました。
寄附項目 寄附金活用金額 主な事業
ふるさと「しらぬか」の魅力あるまちづくり事業 14,624万円 白糠町魅力発信事業(幸せわくわく結婚サポート事業)ほか
活力に満ちた産業づくり事業 911万円 新規就農者等支援事業ほか
健康で思いやりのある社会づくり事業 3,447万円 生き活きしらぬかふれあい交流事業ほか
希望あふれる人づくりのための教育事業 2,314万円 放課後学習サポート事業ほか
 ふるさと「しらぬか」の豊かな自然環境保護のための事業 2,880万円  林業・林産業担い手対策事業ほか
合計 24,176万円 全71事業

ふるさと「しらぬか」の魅力あるまちづくり事業

白糠町魅力発信事業(幸せわくわく結婚サポート事業)
町内アンケートの結果、「男女の出会いの場」が求められていたため、地域の魅力を活用した「結婚活動支援イベント」を開催し、将来を担う人材の確保と、地域の活性化を図りました。男女各17人から11組が成立しました。
  • 幸せわくわく結婚サポート事業の画像
  • 幸せわくわく結婚サポート事業の画像

活力に満ちた産業づくり事業

新規就農者等支援事業
新規就農者に対し、施設整備や農用地取得の助成をはじめ、経営安定化を総合的に支援するとともに、担い手を確保する環境づくりを推進しました。
  • 新規就農者等支援の画像
  • 新規就農者等支援の画像

健康で思いやりのある社会づくり事業

生き活きしらぬかふれあい交流事業
高齢者の生きがいづくりやふれあい、相互交流推進のため、「白糠町出身歌手全員集合~しらぬか音楽会~」を開催し、高齢者福祉の増進と社会活動の促進を図りました。
  • 生き活きしらぬかふれあい交流事業の画像
  • 生き活きしらぬかふれあい交流事業の画像

ふるさと「しらぬか」の豊かな自然環境保護のための事業

林業・林産業担い手対策事業
インターンシップの支援や木のおもちゃを作成するなど若い世代に対して、森林の持つ多面的機能の普及・啓発や林業・林産業の魅力を発信しました。
  • 木のおもちゃ画像
  • 木のおもちゃ画像

希望あふれる人づくりのための教育事業

放課後学習サポート事業
小学校1・2年生を対象に家庭学習の手法や主体性と自主性を身に着けさせ、基礎学力の定着を図るため、タブレット等を活用した放課後学習サポート事業を実施しました。
  • 放課後学習サポート事業の画像
  • 放課後学習サポート事業の画像



※平成30年北海道胆振東部地震災害支援代理寄附金につきましては、同年中に被災地へお届けしております。

未掲載のものを含め、71事業に2憶4,176万円充当させていただきました。

問い合わせ先

企画財政課 ふるさと納税推進係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、下記メールアドレスからではなく職員個人のメールアドレスより返信されます。