認定農業者及び認定新規就農者の制度について

最終更新日:2022年05月16日

  • 認定農業者制度は、農業経営基盤強化促進法に基づき、市町村が地域の実情に即して、その地域において育成すべき効率的・安定的な農業経営の目標等を内容とする農業経営基盤強化促進基本構想を策定し、この目標を目指して農業者が作成した農業経営改善計画を認定する制度です。認定農業者に対しては、スーパーL資金等の低利融資制度、農地流動化対策、担い手を支援するための基盤整備事業等の各種施策を実施します。
  • 認定新規就農者制度は、農業経営開始後5年目の目標を示した「青年等就農計画」を市町村に提出し、「地域農業の新たな担い手」として認定する制度です。認定新規農業者に対しては、農業次世代人材投資事業(経営開始型)、青年等就農資金の無利子資金制度等の各種施策を実施します。

白糠町農業経営基盤強化促進法基本構想

 本町においても、北海道が策定した農業経営基盤強化促進基本方針に則して白糠町農業経営基盤強化基本構想を策定しています。
 

白糠町農業経営改善計画認定要領

 

農業経営改善計画認定申請書

白糠町青年等就農計画認定要領

青年等就農計画認定申請書

問い合わせ先

経済課 農政係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。