子ども発達支援センターについて

最終更新日:2020年04月22日

子ども発達支援センターとは

子ども発達支援センターは、発達に心配のある子どもや家族などへの支援を行っています。
子どもたち一人ひとりが持っている力を伸ばし、地域の中で健やかに成長していくことを願って事業を展開しています。

対象児童

通所受給者証の交付決定を受けた児童

休所日

 土曜日、日曜日、国民の休日、夏期(3日間)、冬期(12月30日から1月5日)

実施事業

児童発達支援

一人ひとりの課題に合った個別支援計画を作成して支援します。(未就学児個別療育)
利用時間
  • 月曜日から金曜日: 9時から13時

放課後等デイサービス

職員やお友達と一緒に遊びを通して、集団ルールや社会性を学びます。(学童小集団療育)
利用時間
  • 月曜日から金曜日: 13時から17時

利用までの流れ

(1)相談・見学
 利用を希望する場合、児童と保護者でセンターへ相談や見学に行きます。

(2)聞取調査
 利用することに決めた場合、役場福祉課で児童の状況などの聞取調査をします。
 (この時、児童相談所の判定書や発達検査の結果など療育の必要性を証明する書類を持参する必要があります)

(3)契約
 センターで利用の申し込みと契約をします。

(4)利用開始
 センターに通所し、療育を受けます。

問い合わせ先

白糠町子ども発達支援センター

  • 住所 郵便番号088-0321 北海道白糠郡白糠町西1条北2丁目302番地3
  • 電話番号 01547-2-2228