レストランはまなす

最終更新日:2017年03月19日

50年続くおいしい白糠を堪能できるお店

  • お店の外観写真
国道38号沿いの白糠町の中心部にある黄色い大きな看板が目印の「レストランはまなす」。
先代オーナーが“お食事の店”として1966年にオープンしました。オープン当初から地元食材にこだわり、“白糠町民に美味しい料理を味わってほしい”との想いから起業しました。その想いは息子の現オーナーにも引継がれています。
お店を訪れるかたの半分は“白糠産の食材を使った品数豊富なメニューを食べたい”という町外からのお客様。町内のファミリーやサラリーマンも数多く訪れます。

週末は予約で埋まってしまう大人気店

  • 店内の写真
広く清潔な店内はテーブル席の他に座敷席もあり、家族連れでもゆっくりと食事が出来ます。店内には季節限定のメニューなどを手書きで紹介しています。週末のランチタイムには予約で満席になってしまうこともあるので、事前に電話予約がおすすめです。

白糠の恵みをこの一皿で!

  • 料理の写真
シェフのおすすめ「オールしらぬかミルフィーユセット(1300円税抜き)」。
馬木葉(まきば)の鹿肉を使ったハンバーグと茶路めん羊牧場のラム肉を使ったハンバーグの間に酪恵舎(らくけいしゃ)のモッツァレラチーズをサンドした、ボリュームある一皿。鹿肉とラム肉の独特な味わいを自家製のデミソースが調和させています。
お客様に出す直前にかける酪恵舎のハードタイプのチーズがより一層味わいを引き立てます。付け合わせの野菜は自家製、または地元産のものを使用しており、一皿に白糠が凝縮されています。それぞれが引き立て合う白糠ならではの逸品です。

トマトとチーズが絡み合う絶品パスタ

  • 料理の写真2
お店の一番人気は「トマトとモッツァレラチーズのスパゲティ(1050円税抜き)」。
爽やかなトマトソースに酪恵舎のモッツァレラチーズをたっぷりトッピングしています。ソースの熱でチーズが溶けてきた所を召し上がって下さい。パスタに絡まるソースとチーズが最高です。

白糠だからこそ出来る味を求めて

  • オーナーの谷口さんの顔写真
ソムリエでもある、オーナーの谷口さん。「生産地にいるからこそ、食を大いに楽しんでほしい」と、和食、洋食、中華と、常時120種類程の豊富なメニューを提供しています。ワインも道産ワインをはじめ、常時400種類を揃えています。地元の生産者が作った食材を、最大限に活かすメニューを考案し、調理するように心がけています。“おいしいまち白糠を食べよう”をコンセプトに皆様をお待ちしております。

写真ギャラリー

画像集

黄色の看板の写真
お店の外観写真
入り口前の植木鉢の写真
入り口のショーケースとドアの写真
レストランはまなすのロゴの写真
手書きメニューボードの写真
ボックス席の写真
テーブル席の写真1
テーブル席の写真2
カウンター席の写真
オールしらぬかミルフィーユセットの写真
トマトとモッツァレラチーズのスパゲティの写真
ショーケースに入った「チーズ好きのためのプリン」の写真
ブルーベリープリンの写真

基本情報

名称
レストランはまなす
営業時間
昼:11時から14時30分ラストオーダー
夜:17時から20時ラストオーダー
定休日
水曜日(月2回連休有り)
住所
郵便番号088-0302 北海道白糠郡白糠町東2条南2丁目1-26
電話番号
01547-2-2188
ウェブサイト
レストランはまなす新規ページで開きます

問い合わせ先

経済課 商工係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。

  • 電話番号 01547-2-2171(内線番号:244番・246番)