白糠町の認知症対策

最終更新日:2018年05月31日

白糠町の認知症対策について

GPS(位置検索機器)貸出事業

GPS機器
認知症による徘徊高齢者等の居場所を検索するための機器を貸し出します。
機器の大きさは診察券ほどのサイズです。
検索はオペレーター対応のほか、インターネットや携帯電話でおこなえます。
 {利用料金} 1ヶ月500円(別途消費税) ※6か月分前払いとなります。
 {検索料金} オペレーター対応:1回200円
        インターネット検索:月3回目以降100円(2回目までは無料です)
     
        ※定期的な充電が必要となります。

靴ステッカー交付事業

靴ステッカー
認知症による徘徊高齢者等の早期発見のため、靴に貼る反射材ステッカーを5足分無料で交付します。
(交付を受けるためには白糠町への登録が必要となります)

SOSネットワーク

徘徊高齢者等の早期発見のシステムです。警察からの要請により、町内登録機関へ捜索協力を依頼します。
流れにつきましては下記のフローチャートを参照してください。

認知症初期集中支援チーム

認知症の専門知識を持った専門職によって構成されたチームです。認知症を疑われるかたや、認知症の診断を受けたかたおよびその家族を訪問し、認知症に関する心配ごとや悩みなどの相談に応じたり、医療機関の受診や介護サービス利用の支援など、認知症に関するサポートを一定期間(おおむね6ヶ月)集中的におこないます。

認知症地域支援推進員の配置

できる限り住み慣れた環境で暮らし続けることができるよう、医療機関や介護サービス事業所、地域の支援機関をつなぐ連携支援や認知症のかたや、その家族を支援する相談業務をおこないます。

認知症カフェ

認知症のかたや、その家族をはじめ、地域住民などが気軽に集い、交流や相談ができる憩いの場『認知症カフェ』の取組みを支援します。
※セセッカ診療所で月1回程度開催されています。(名称:ウチャスコマ・ウエカルバ)
※セセッカ診療所のホームページで開催日程をご確認ください。

問い合わせ先

介護健康課 介護支援係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。

  • 電話番号 01547-2-2171(内線番号:522番・526番)