授業の様子(2020年度)

最終更新日:2020年08月26日

クラブ活動がスタートしました(前期課程)

 8月19日(水曜日)から前期課程4~6年生のクラブ活動がはじまりました。今年度は、新型コロナウイルス感染症にかかわる対応のため、例年よりも遅い開始時期となりました。
 本校のクラブ活動は、「スポーツ」「室内ゲーム」「コンピュータ」「理科」「イラスト」「ダンス」の6つのクラブが開設されています。この日は初回の活動日のため、今年度の活動計画について話し合いました。
  • クラブ活動の様子の写真

    ダンスクラブ(左)、スポーツクラブ(中央)、コンピュータクラブ(右)の活動の様子

水泳教室がはじまりました(前期課程)

 8月19日(水曜日)から1~6年生の水泳教室がはじまりました。今年度は、新型コロナウイルス感染症にかかわる対応のため、例年よりも遅い開始時期となりましたが、例年どおり各学年3回の実施が予定されています。
 この日は、5・6年生が白糠町内のプールへ出向きました。この日は30℃近い猛暑日でしたので、子どもたちみんな大いに水の中での活動に親しみました。
  • 水泳教室の様子の写真

    水泳教室の様子

ネット講座が行われました

 8月19日(水曜日)、4年生と7年生の学年でネット講座が行われました。この日は、KDDIスマホ・ケータイ安全教室事務局のご協力をいただき、スマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末の安全な利用について学びました。授業では、短編アニメを視聴しながらインターネットの便利さをふまえつつ、ネット依存やSNSに潜む危険性について理解を深め、様々な事例について意見を出し合い、情報端末機器の望ましい利用について考えました。
  • 4年生と7年生の学習の様子の写真

    4年生(左)と7年生(右)の学習の様子

放課後学習サポートがはじまりました

 白糠町では、昨年度から町内の小学校と義務教育学校の前期課程の児童を対象とした「放課後サポート事業」を行っています。この事業は、児童の学習意欲を高め、家庭学習の早期定着を目指した白糠町独自の事業で、放課後の時間帯に専任講師により進められています。昨年度は1、2年生の児童が対象でしたが、今年度は3年生の児童も対象となり、各学年週1~2回、約1時間、タブレット端末等を用いた学習に取り組んでいます。
  • 放課後学習サポートの様子の写真

    真剣に放課後学習に取り組む2年生

オンライン授業(8・9年生)と職員研修を行いました

 5月20日(水曜日)、分散登校期間中の学習支援として、Zoomを活用したオンライン授業(リモート学習)を行いました。この日は、授業の実施とあわせて、先生による校内研修も行いました。
 オンライン授業は、8・9年生の国語、数学、英語、音楽が行われました。授業では、教科ごとに指導上の特性が生かされるように板書の内容やパワーポイントや音声教材を効果的に送信するなど、教科担任の先生方の工夫が凝らされました。生徒にとっては、先週の試行授業を経ての取り組みでしたので、前回よりも要領を得て、より主体的に授業に参加することができました。
 オンライン授業の研修では、オンライン授業に必要な機器やアプリケーションの設定について確認したり、実際のオンライン授業を間近で参観する中で授業展開の要領について学び合いました。
  • 研修の様子の写真

    機器やアプリケーションの設定について研修している場面

  • 国語科のオンライン授業の様子の写真

    国語科のオンライン授業と参観の様子

  • 数学科のオンライン授業の様子の写真

    数学科のオンライン授業と参観の様子

  • 英語科のオンライン授業様子の写真

    英語科のオンライン授業と参観の様子

  • 特別支援学級のオンライン授業の様子の写真

    特別支援学級の生徒との個別オンライン授業の様子

分散登校を行っています(5/18~22の週)

 白糠町の小・中・義務教育学校では、5月18日(月曜日)の週から段階的に分散登校の回数を増やし、本格的な学校再開へ向けて準備を進めているところです。
 この週は、前期課程(1~6年生)は週2日間、後期課程(7~9年生)は週4日間の登校日として、いずれも4時間授業を終えたのち、給食を食べての下校としています。どの学年の児童生徒も元気に登校し、限りある時間の中ではありますが、授業時間や仲間とのふれ合いなど、学校での充実した時間をすごしています。
  • 初等部の様子の写真

    初等部(1~4年生)の授業の様子

  • 中等部の様子の写真

    中等部(5~7年生)の授業の様子

  • 高等部の様子の写真

    高等部(8・9年生)の授業の様子

オンライン試行授業を行いました(8、9年生)

 5月12日(火曜日)と13日(水曜日)の2日間、臨時休校中の学習支援の一環として、Zoom(*1)を活用したオンライン授業を試行しました。このオンライン授業は、学校から配信する授業等を、児童生徒が自宅でタイムリーに受信することができる双方向型の通信です。
 1日目は9年生、2日目は8年生の生徒がオンライン授業に参加(*2)し、学級担任が学級活動を行ったり、国語科、数学科、英語科ならびに音楽科の各教科担任の先生方が、それぞれ教科の指導や家庭での自主課題の説明などの授業支援を行いました。
 オンライン授業といった初めての取組でしたが、生徒はすぐに要領を得て積極的に学習に向き合っていたことがとても印象的でした。この日の試行授業を受け、今後の状況に応じて、オンラインによる学習支援の取組を進めていきたいと考えています。
 オンライン授業の実施にあたっては、保護者のみなさまのご理解とご協力をいただきありがとうございました。

(*1) 「Zoom」は、米国Zoom Video Communications社が提供するインターネットクラウドを活用したWeb会議サービスです。
(*2) 家庭においてインターネット環境や情報端末を持たない生徒については、学校に登校し、いわゆる「三密」を避けた環境の中でオンライン授業に参加しました。

  • 学級活動と国語科のオンライン授業の様子の写真

    学級担任による学級活動と国語科のオンライン授業の様子

  • 数学科のオンライン授業の様子の写真

    数学科のオンライン授業の様子(写真右は、生徒がノートを画面に映し出し解答を示す様子)

  • 英語科のオンライン授業の様子の写真

    英語科のオンライン授業の様子

  • 校内でオンライン授業を受ける生徒の写真

    校内の各教室に分散してオンライン授業を受ける生徒の様子

分散登校が行われました

 5月はじめの緊急事態宣言の延長にともないゴールデン・ウイーク明けの学校再開(通常日課)が見送られたことから、5月8日(金曜日)は少人数グループで時間差による分散登校が行われました。
 この日は、児童生徒の健康状態の把握、臨時休業中の家庭学習の確認と学習計画の説明、そして、今後の分散登校の予定について確認をしました。
 臨時休業中は、児童生徒一人一人が健康管理に気を配り、また、主体的に家庭での学習に取り組んでいる姿がたくさん見受けられました。引き続き、教職員が一丸となって児童生徒の学習面と心身のサポートを行っていきます。
  • 登校する児童生徒の様子の写真

    元気に登校する児童生徒の様子

  • 校舎の窓に掲げられた応援メッセージの写真

    校舎前面の窓に掲げられた児童生徒への応援メッセージ
    ~ ハッピーライフ・ハッピースクール・ショロホーム ♬ ~

  • 登校後の児童生徒の様子の写真

    臨時休校中の学習課題や生活リズムチェックシートを提出する児童の様子(初等部)

  • 登校後の児童生徒の様子の写真

    今後の学習計画や分散登校について確認する初等部児童(左の写真)と高等部生徒(右の写真)

給食がスタートしました(1年生)

 4月13日(月曜日)から1年生の給食が開始されました。この日は『入学進級おめでとうメニュー』で、ちらしずし、親子汁、さくらのハンバーグ、お祝いクレープ、そして牛乳でした。白糠町のおいしい給食をみんなで楽しく食べる1年生でした。
  • はじめての給食を食べる新1年生の様子の写真

    はじめての給食を食べる新1年生の様子

  • お祝いメニューの写真

    お祝いメニューの様子

元気に登校しています(1年生)

 4月8日(水曜日)から新1年生の登校がはじまりました。新1年生一人一人がちょっぴり大きく感じるランドセルを背負って笑顔いっぱいの表情で登校しました。庶路学園には9年生までの先輩方がおり、いろいろな学年の先輩方に声をかけられたり一緒に歩いたりすることも楽しいようです。
  • 元気に登校する新1年生の様子の写真

    元気に登校する新1年生の様子

問い合わせ先

白糠町立庶路学園

  • 住所 郵便番号088-0575 北海道白糠郡白糠町西庶路学園通1丁目1番地
  • 電話番号 01547-5-8255
  • ファクシミリ 01547-5-8257