学校行事(2019年度)

最終更新日:2019年05月20日

児童生徒総会(前期)が行われました

総会の様子
 5月17日(金曜日)に前期の児童生徒総会が行われました。総会には5年生から9年生が集い、各委員会による前期活動計画の提案と質疑応答が行われました。児童生徒総会の取組を通して、児童生徒一人一人が民主的な話し合いのあり方を学んだり、自らが主体的に明るく楽しい学校を作っていくという意識が高められています。

避難訓練が行われました

訓練の様子
 5月15日(水曜日)に今年度一回目の避難訓練が行われました。この日の訓練は、前半は大地震が起こり、引き続き、校舎内で火災も起こるという想定で行われました。避難指示が発報されると、1年生から9年生までの全校児童生徒全員が身の安全を守りながら安全に行動することができました。

全校集会が行われました

全校集会の様子
 5月13日(月曜日)に令和の年になってはじめての全校集会が行われました。全校集会の冒頭、福原校長先生から新しい年号である「令和」に込められた思いや願いについての講話がありました。
 この日の全校集会では、白糠町の「三愛運動」に関連した話題として『愛 eye』についても触れられ、自分(I)から挨拶をすることや、挨拶をする際には相手の目(eye)を見ることの大切さについて全校で確認をしました。

新入生歓迎会が行われました

歓迎会の様子

10名の新入生(左)と先輩方による校歌披露(右)の様子

4月9日(火曜日)に新入生歓迎会が行われました。まずはじめに10人の1年生が先輩と手をつなぎながら入場し、一人ずつ学校生活での抱負を元気に発表しました。歓迎会では児童生徒会の企画による交流ゲームも行われ、新入生を温かく迎え入れました。

平成31年度「着任式」と「1学期始業式」が行われました

式辞の様子

学校長式辞の様子

 4月5日(金曜日)に平成31年度の着任式と始業式が行われました。着任式では、校長先生はじめ8人の先生方が新たな庶路学園のスタッフとして加わり、児童生徒に紹介されました。
 始業式の学校長式辞では、はじめに白糠町の「まちぐるみ運動の推進」である『三愛運動(あいさつ、はげまし(あい)、ふれあい)』の確認があり、庶路学園ではさらに「smiles(スマイルズ)」を加え、学校生活では笑顔を大切にし、笑顔あふれる学校を作っていくことを確認しました。
(※「スマイルズ」の発音の中にも「あい(愛)」があります。)

平成31年度「入学式」が行われました

入学式の様子

児童生徒代表挨拶(左)と新入生(右)

 4月5日(金曜日)に平成31年度入学式が行われ、新たに10名の新入生が加わりました。入学式では、2年生から9年生までの在校生が温かな雰囲気で新入生を迎え入れました。児童生徒代表の挨拶では、「みなさんが少しでも早く庶路学園に慣れるよう、在校生一同、心から応援しています。さぁ、いよいよ楽しい学校生活のはじまりです。」と緊張している新入生の気持ちをほぐしながら心強い言葉をかけました。

問い合わせ先

白糠町立庶路学園

  • 住所 郵便番号088-0575 北海道白糠郡白糠町西庶路学園通1丁目1番地
  • 電話番号 01547-5-8255
  • ファクシミリ 01547-5-8257