新型コロナウイルス感染症について

最終更新日:2020年10月23日

総合振興局からのお知らせ(注意喚起)

注意喚起実施機関 令和2年10月16日(金曜日)から当面の間

  • 総合振興局からのお知らせ(注意喚起)

北海道知事から注意喚起のお願い

道内においては、現在、感染者が増加傾向にあり、特に、ここ数日は30名を超える日もあるなど厳しい状況にあることに加え、これに伴い、医療機関への入院者数も増加傾向にあり、予断を許さない状況となっています。
特に感染者の年代別割合では、30代以下が7割を占めるなど、若い世代の感染拡大が顕著となっています。
こうした若い世代は、感染しても無症状や軽症の方が多く、感染に気づかないまま普段どおりの行動により、周囲はもとより、他の地域への感染拡大や重症化リスクの高い高齢者、基礎疾患のある方などに感染させる懸念があります。
今後、感染拡大防止と社会経済活動との両立を進めていくためにも、感染が拡大しつつある現在の状況を今ここで、しっかりと抑え込んでいくことが重要であり、そのためには、日常からの感染予防に対する一人一人の意識と行動が大切です。
こうした状況を踏まえ、町民の皆様に対して北海道知事から次のとおり、注意喚起のお願いがありましたので、お知らせします。

画像集

北海道知事から注意喚起のお願い1
北海道知事から注意喚起のお願い2

北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター開設

これまで、「新型コロナウイルス感染症に関する一般相談」、「帰国者・接概要触者相談センター」、「来道者・帰省者・転勤者相談ダイヤル」としてご案内していた番号を統一し、フリーコールにより、ご相談いただけるようになりましたので、お知らせいたします。

  • 北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センターのチラシ

町民の皆様へ(北海道知事からの呼びかけ)2

全国的には、大都市圏を中心に新たな感染の波が起きている中、道内においても若い世代を中心に新規感染者数が増加しています。
また、東京、大阪では、若い世代の感染拡大が確認され始めた後に感染者が大幅に増加し、中高年者に感染が広がってきているという傾向が見られることから、道内の現状について、非常に強い警戒感を持っております。
特に、お盆休みの時期を迎えて、帰省や旅行などで道内外の往来が活発となり、感染の拡大が強く懸念されるところです。
こうした状況を踏まえ、お盆休みを前に道民の皆様、来道される皆様に対して北海道知事から次のとおりの呼びかけがありましたので、お知らせします。
道民の皆様、来道される皆様に対しての注意喚起
体調が悪い場合には、「出かけない」という選択をお願いしたいこと。
その上で、帰省や旅行、会合等については、感染リスクを回避できるかどうか、皆さんで事前に話し合っていただくこと、話し合った結果、感染リスクを防止することが徹底できない場合には、帰省や旅行、会合を控えるなど慎重に判断いただきたいこと。特に、感染が拡大している地域への往来については、慎重にご判断いただきたいこと。
若い世代の皆様に対しての呼びかけ
若い世代の方々は、感染していても比較的症状が軽く、自覚がない場合もあり、若い方から高齢者の方や持病がある方へ感染が拡大する恐れもあることから、「自分が感染しているのではないか」という思いをもっていただくとともに、複数で集まるときはマスクを着用すること、高齢者等に会う時は、健康状態に十分留意することをお願いしたいこと。
事業者の皆様への呼びかけ
新北海道スタイル「7つのポイントプラス1」の徹底をお願いするとともに、利用客、従業員が大声を出さなくても過ごせるよう、静かなお店の環境づくりをお願いしたいこと。

町民・事業者の皆様へ

「新北海道スタイル」の実践をお願いいたします
  • 新しい生活様式
  • 7つのポイントプラス1

町民の皆様へ(北海道知事からの呼びかけ)

接待を伴う飲食店について
  1. 接待を伴う飲食店に対して、ガイドラインの遵守など感染防止対策を徹底すること。
  2. 道民に対して、飲食店を利用する際は、「新北海道スタイル」の取組を実践している店舗を選ぶなど一人ひとりが感染リスクを低減する行動を取ること
  3. 接待を伴う飲食店で働いている方や7月1日以降、すすきの地区で接待を伴う飲食店を利用した方に対して、保健所や帰国者・接触者相談センターに相談すること。
Go Toトラベルキャンペーンについて
  1. 道民に対して、まずは道内旅行への活用を検討いただくこと。
  2. 道外からの来道者に対して、交通、宿泊施設など、観光関連事業者と連携して「新北海道スタイル」の実践の強化を呼びかけること。
東京都との往来について
東京都において、感染状況の警戒レベルが最も深刻なレベルに引き上げられていることや、東京都が都民に対して、都外への不要不急の外出をできるだけ控えるとともに、夜の街、夜の繁華街では、十分な感染防止対策をしていないお店の利用は避けるよう注意喚起がされていることを十分に踏まえ、東京都との往来について慎重に判断すること。

新北海道スタイルの実践

新型コロナウイルスの感染予防、拡大防止についてご協力をいただき、感謝申し上げます。
国の緊急事態宣言が解除され、緊急事態措置が全面解除となりましたが、新型コロナウイルスに感染する恐れがなくなったわけではありません。国が示した「新しい生活様式」の実践に向け、北海道では「新北海道スタイル」の定着を呼びかけています。
心身ともに健康で暮らすために、町民の皆さまも「新北海道スタイル」の取り組みをお願いします。

画像集

町民向け新北海道スタイルの実践について

町民の皆さんへ

道民向け新北海道スタイルのチラシ

道民の皆さまへ

事業者向け新北海道スタイルのチラシ

事業者の皆さまへ

新型コロナウイルスについて(お願い)

画像集

新型コロナウイルスについて(お願い)2
新型コロナウイルスについて(お願い)3
新型コロナウイルスについて(お願い)4
3つの密を避けましょう
感染症対策

タコ君とイカさんの恋問体操

新型コロナウイルスに感染しないようにするため、家にこもり体を動かす機会が減っていませんか?運動不足を解消するために、自宅で簡単にできる運動「タコ君とイカさんの恋問体操」を紹介します。
タコ君とイカさんの恋問体操は、椅子に座ったままでもできる簡単な体操です。今回、全町民の方が毎日取り組めるように、町職員が動画を作成しました。ぜひ行ってみてください。

集団感染を防ぐために

家庭内でご注意いただきたいこと

かんたん手作り消毒液の作り方

必要なもの
  • 塩素系家庭用漂白剤(商品名例、キッチンハイター、キッチンブリーチなど)
  • 500ミリペットボトル
作り方
  • 500ミリペットボトルに水を入れる
  • ペットボトルのキャップ1杯分の漂白剤を入れる
消毒液の使い方
  • 洗面器などの容器を使い、布などに浸し「しっかり拭き掃除」をする
  • 拭いた後、乾いた布で「から拭き」をする
消毒するもの
家庭内では 事業所などでは
ドアノブ、手すり、蛇口、レバー、家電などのスイッチ、トイレの便座やふたなどを消毒しましょう。
子どものおもちゃ、ベビーカーなどもこまめに消毒しましょう。
机や椅子、カウンターなど事業所内の消毒に努めましょう。
エレベーターを設置している場合は、操作ボタンや内部の消毒も行いましょう。

注意事項
  • 消毒液は保存せず、毎回使い切るようにしてください。
  • 小さなお子様の近くで行う場合は、誤飲しないように十分注意しましょう。

「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が示されました。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について

新型コロナウイルスを防ぐには

正しい手の洗い方

他人への感染を防ぐため、咳エチケットを行いましょう

問い合わせについて

町内の医療機関では対応ができませんので、直接釧路保健所へご相談ください。
釧路保健所
住所 釧路市城山2丁目4番22号
電話 0154-65-5811

家庭でできる予防対策ハンドブック

新型コロナウイルス感染症について