白糠町の「ふるさと教育」

最終更新日:2018年05月17日

白糠町の「ふるさと教育」

ふるさとに心を寄せ、世界にはばたく「グローカル」な人をはぐくむ白糠町のふるさと教育

 白糠町では平成9年度から「ふるさと教育」の理論を立ち上げ、学校教育・社会教育の両面から取り組んでいます。
 白糠町で学んだ子どもたちが、世界に通用する人材となることを目指し、「白糠町で学んで良かった」といえる教育を行うことが必要であると考えています。

ふるさと教育重点施策「3つのプラン」

1 学力のびのびプラン<学校教育>
 ・基礎学力定着プログラム    ・外国語習得プログラム
 ・食育・木育推進プログラム   ・健康保持・体力育成プログラム
 ・幼小ならびに小中一貫教育推進プログラム
 ・教育コラボレーション推進プログラム(教育大学との提携)
2 生活いきいきプラン<社会教育>
 ・まちぐるみ運動推進プログラム    ・ボランティア活動プログラム
 ・生涯スポーツ推進プログラム
3 親子にこにこプラン<家庭教育>
 ・基本的な生活習慣の定着プログラム
 

白糠町の「ECタイム」

 白糠町では、小学1年生から英語、中国語を学ぶ「ECタイム」で「話せる」「聞ける」=「使える」語学力の習得を目指します。
   ※ EC = English&Chinese / Enjoy Communication 
学校の授業では
 ○ 英語、中国語のALT(外国語指導助手)を複数配置しています。
 ○ 小学1年生から中学3年生まで、9年間のカリキュラムを作成し、全町で取り組んでいます。
 ○ 小学校の英語の授業では、英語専科の教員や中学校の英語教員による授業など、専門性を生かした指導を実施しています。
 ○ 学習の成果を、英語暗唱大会やEC発表会で披露しています。
学校の外でも
 ○ 長期休業中に1泊2日で実施する「ECキャンプ」では、小・中学生が一緒に英語、中国語を学びます。
   (参加は希望者のみ)
 ○ 学習した中国語を生かす場面として、台湾の新北市立青山国民中小学校との交流を開始。
   インターネットによるテレビ電話授業など、様々な形での交流を行います。
幼児教育や社会教育でも
 ○ 幼児教育や、一般向けの公民館講座でも、英語、中国語とふれあう場を設けています。
 ○ 公民館事業の一つとして「英検応援チャレンジ講座」を実施し、英語検定3級以上を受検する児童生徒や一般町民に、
   英会話による面接練習を行っています。

問い合わせ先

指導室

  • 電話番号 01547-2-2171(内線番号:266番)