白糠中学校の沿革

最終更新日:2017年03月19日

写真

新制服の新入生と旧制服の在校生

本校は昭和22年5月3日、白糠小学校の一部を借用して認可6学級として開校した。昭和27年3月には十勝沖地震により校舎が大破したが、改築を重ねながら教育活動を推進してきた。昭和36年には18学級が認可となり本校の歴史上、最大規模となった。
学級増により増改築を繰り返してきた旧校舎も老朽化が激しく、危険校舎となったため、保護者の校舎新築への情熱がまとまり、昭和56年度にPTAを主体とした校舎改築期成会が結成された。以来、5か年にわたる陳情が実り、昭和61年度には体育館が完成し、昭和62年度及び63年度の2か年の工事の末、現校舎が落成した。校舎新築に伴い、昭和63年10月にパソコン室を新設し、生徒一人が1台のコンピュータを使える教育環境が整備された。
また、部活動は輝かしい実績を残し、男子バレーボール、女子ソフトボール、テニス、卓球の各部が全道大会に出場している。中でも、バレーボール、ソフトボール、テニスの各部は全国大会に出場し、昭和59年度にはソフトボール部が全国制覇を果たしている。吹奏楽部は全道大会で金賞を受賞し、郷士史研究部(駒踊り)の活躍も大きな特色であった。
平成7.8年度には校則と制服(ブレザー型)を見直し、平成9年には開校50周年記念式典を挙行した。
生徒会においては、ボランティア委員会が中心となって、白糠町の海岸線の大掃除を実施したり、養護学園や高齢者と交流したりするなど、意欲的に取り組んでいる。さらに、基礎学力の定着を図るため、全学年の英語と数学において習熟度別少人数指導を実施し、生徒一人一人への状況等に応じて指導がより適切になるよう充実を図っている。こうした本校の教育活動の成果が認められ、平成元年に「釧路管内教育実践表彰」、平成10年に「釧新教育活動賞」を受賞した。

ページ内目次

問い合わせ先

白糠町立白糠中学校

  • 住所 郵便番号088-0324 北海道白糠郡白糠町西5条北2丁目1番地2
  • 電話番号 01547-2-2825
  • ファクシミリ 01547-2-4905
  • 電子メール hakutyuu@educet.plala.or.jp