白糠のいいところ…見つけた!2016年(平成28年)10月号

最終更新日:2017年03月19日

改めて感じた「カミパラ」の素晴らしさこれからも町の皆さんと触れ合える機会をもっと大切にしたいです!

写真

ねづまきさん
2011年5月1日から「地域おこし協力隊」として活動中。

もう10月、今夏は台風と猛暑で本当に大変でしたね。台風で被害を受けた皆様に心よりお見舞い申し上げます。「まさか」ということが多く、本当に自然の猛威はすごい、そしてその前では人はなんて無力なものだろうと痛感しました。
私は、今年の4月から庶路小中学校の建設現場におじゃまして建設の工程を取材させていただいてますが、これだけ長雨や台風が続くと工事の進捗も心配になります。台風の影響としては、材料がいくつか風に飛ばされたということで建物自体には大きな影響はなかったということですが、雨が続くとコンクリートを流す作業が出来ないなど工事の進みかたには影響が出る訳です。
真っさらな土地に深い穴を掘り、基礎のコンクリートを打ち、地上には見えない部分にとても重要な工程があるということを知りました。今は地上での作業になっていますが、どの作業も知識と技術が必要なんだなと感心しています。そして、今後学校に通うことになる子供たちにもぜひ建設現場を見学して、そこで働く人たちの姿もぜひ見て欲しいです。学校建設の現場なんてなかなか見られるものではありませんよね。これはまたとないチャンスだと思うので、ぜひ学校関係者の皆様ご検討ください。
  • 写真

    奥に見えているのが体育館の骨組み

さて、白糠の秋のイベント「カミパラ」。先月もカミパラについて少し触れましたが、今年は仕事としてではなく、フリーな立場で参加しました。
その結果…。カミパラはなんて楽しいイベントなんだ!と気付きました!行く先々のお店で町の人とふれあうことが出来て、美味しいものが食べられる!楽しいアトラクションもいっぱい!そして、このイベントに関わるスタッフの力がすごいんだなと感じました。数カ月も前から準備をして設営をする実行委員会の皆さんをはじめ、出店する人たちもいろんな準備をしてイベントに参加しているんだと実感しました。
今までも良いイベントだなぁと思っていろいろ宣伝はしていたつもりですが、お客さん側の立場になってみてはじめて「こんなに楽しませてくれてるんだ!」ということに気付いたという次第です。何よりも普段はなかなか話すことのない多くの人といろんな話が出来たというのが一番の理由かもしれません。
「町報見てますよ!」と声を掛けて下さったかたもいました。町の人と触れ合えるこういった機会をこれからももっと大切にせねば!と思います。
  • 写真

    ラムネートル競走が盛り上がっていました

問い合わせ先

企画財政課 地域交流係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。

  • 電話番号 01547-2-2171(内線番号:236番)
  • ファクシミリ 01547-2-4659