雪による被害防止のために

最終更新日:2017年11月27日

雪による被害防止のために

 冬期間は、暴風雪による停電や遭難といった災害が多く発生しています。気象情報に注意して、暴風雪が予想されるときは、家のなかで過ごすなど外出を避けましょう。

・気象情報に注意して、暴風雪が予想されるときは、外出を避けましょう。
・日頃から停電に備え、懐中電灯・携帯ラジオ・防寒具・ポータブルストーブ・灯油・非常食・飲料水などを用意しておきましょう。
・FF式暖房機などを使用している場合は、一酸化炭素中毒を起こすおそれがありますので、給排気口付近が雪にふさがれないよう注意しましょう。
・屋根の下を通るときには「雪」や「つらら」に注意しましょう。
・暴風雪警報や大雪警報が発表されたら、外出は控えましょう。


● 北海道関連ページ

問い合わせ先

地域防災課 地域防災係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。

  • 電話番号 01547-2-2171(内線番号:222番)