弾道ミサイル発射に伴う落下物への対応について

最終更新日:2017年08月21日

 弾道ミサイル発射に伴い一部の部品等が落下した場合、燃料等に何らかの有毒物質が含まれている可能性があるため、
基本的な対応要領についてお知らせいたします。

弾道ミサイル発射に伴い一部の部品等が落下した場合には、次の行動をとってください。

◎落下物には有害な燃料が付着している場合も考えられるため、不用意に近づかない。
◎落下物を見つけたら速やかに白糠町役場か釧路市西消防白糠支署に通報する。
  白糠町役場地域防災課 電話 01547-2-2171内線222 / 釧路市西消防署白糠支署 電話 119

 北朝鮮から弾道ミサイルが発射された場合、日本に飛来する可能性があるときは、関係する地域に対し、政府から全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して情報伝達されます。
 白糠町に関係した場合には、防災行政無線が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・緊急速報メールが配信されます。

問い合わせ先

地域防災課 地域防災係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。

  • 電話番号 01547-2-2171(内線番号:222番)