白糠町の都市計画

最終更新日:2017年03月19日

都市計画区域

都市計画区域とは、健康で文化的な都市生活と機能的な都市活動を確保するために、都市計画法、そのほかの法令の規制を受けるべき土地として指定された区域のことです。

指定年月日

昭和27年(1952年)7月16日

最終決定年月日

昭和49年(1974年)4月30日

面積

10,934ヘクタール

用途地域と準防火地域

本町の用途地域は昭和49年(1974年)に当初決定され、昭和53年(1978年)、平成元年(1989年)に見直され、その後平成7年(1995年)に新法に移行、平成16年(2004年)の建築基準法の改正を経て現在に至っています。

住居地域

指定状況一覧表
種別 面積 建築の延べ面積の
敷地面積に対する割合
建物の建築面積の
敷地面積に対する割合
構成比
第1種低層住居専用地域 5.7ヘクタール 10分の8以下 10分の50以下 0.6パーセント
第1種中高層住居専用地域 135.0ヘクタール 15分の10以下 10分の6以下 15.0パーセント
第2種中高層住居専用地域 109.0ヘクタール 10分の20以下 10分の6以下 12.1パーセント
第1種住居地域 71.0ヘクタール 10分の20以下 10分の6以下 7.9パーセント
第2種住居地域 6.1ヘクタール 10分の20以下 10分の6以下 0.7パーセント
準住居地域 7.2ヘクタール 10分の20以下 10分の6以下 0.8パーセント

商業地域

指定状況一覧表
種別 面積 建築の延べ面積の
敷地面積に対する割合
建物の建築面積の
敷地面積に対する割合
構成比 備考
近隣商業地域 2.0ヘクタール 10分の20以下 10分の8以下 0.2パーセント 準防火地域
商業地域 8.5ヘクタール 10分の40以下 10分の8以下 1.0パーセント 準防火地域

工業地域

用途地域の準工業地域と工業地域には、特別用途地区の特別工業地区が指定されており、建築物の制限がされています。
指定状況一覧表
種別 面積 建築の延べ面積の
敷地面積に対する割合
建物の建築面積の
敷地面積に対する割合
構成比
準工業地域 92.0ヘクタール 10分の20以下 10分の6以下 10.2パーセント
工業地域 463.0ヘクタール 10分の20以下 10分の6以下 51.5パーセント

用途地域の指定状況合計

指定状況一覧表
種別 面積 構成比
住居地域系:小計 334.0ヘクタール 37.1パーセント
地商業域系:小計 10.5ヘクタール 1.2パーセント
地工業域系:小計 555.0ヘクタール 61.7パーセント
合計 899.5ヘクタール 100.0パーセント

特別用途地区

指定状況一覧表
地区種別 面積 基本用途 主な規制建築物 指定年月日
特別工業地区第1種 27.0ヘクタール 工業地域
  • 一般住宅、共同住宅
  • 店舗、図書館
  • 遊技場、娯楽施設
  • 準工業地域規制建築物
  • 商業地域規制建築物の一部
平成元年6月1日
特別工業地区第2種 347.0ヘクタール 工業地域
  • 一般住宅、共同住宅
  • 図書館、遊技場
  • 娯楽施設、公衆浴場
  • 危険物施設
平成元年6月1日
特別工業地区第3種 23.0ヘクタール 準工業地域
  • 風俗営業施設
  • 公害のおそれのある工場
平成7年6月30日

問い合わせ先

建設課 土木都市計画係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。

  • 電話番号 01547-2-2171(内線番号:283番・288番・289番(字名改正担当))