一般廃棄物最終処分場

最終更新日:2017年12月11日

白糠町内で収集されたごみは、クリーンセンター(一般廃棄物中間処理施設)で分別・破砕され、一般廃棄物最終処分場に搬入し、埋め立てしています。
なお、生ごみなどの可燃物については、平成18年度より、釧路広域連合清掃工場で処理しています。

一般廃棄物最終処分場の概要

写真
  • 公用開始
    • 平成12年6月(第1期)
  • 所在地
    • 白糠町和天別1829番地1
  • 建設計画
    • 第1期から第3期
  • 埋立面積
    • 7,700平方メートル
  • 埋立容量
    • 37,500立方メートル
  • 施設の特徴
    • 埋立処分地全体に二重に遮水シートを張り、侵出水による周辺汚水を防止
    • 漏水検知システムの採用し、侵出水の流出防止
    • 高度処理設備により放流水質を改善

一般廃棄物最終処分場の維持管理状況

廃棄物の処理及び清掃に関する法律の改正により、廃棄物処理施設に係る維持管理情報を公表しています。

問い合わせ先

白糠町一般廃棄物最終処分場

  • 電話番号 01547-2-4416

町民サービス課 生活環境係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。