介護サービス利用者の負担

最終更新日:2018年04月01日

サービスの利用者負担

 ケアプランにもとづいてサービスを利用した場合、サービス事業者に支払う負担額は、かかった費用の1割です。ただし、一定以上の所得があるかたは、負担割合が2割(平成30年8月からは2~3割)なります。
  • 「介護保険負担割合証」に、利用者の負担割合(1割または2割、3割)が記載されています。
  • 「介護保険負担割合証」は、要支援・要介護認定を受けた方に交付します。前年の所得により負担割合を決定しますので、7月下旬に交付する予定です。※新たに要支援・要介護認定を受けた方には、随時交付いたします。
  • 介護サービスを受けるときには、「介護保険の保険証」と「介護保険負担割合証」をサービス事業者に一緒に掲示してください。
一定以上の所得とは
2割負担者 
 本人の合計所得金額が160万円以上で、同じ世帯にいる65歳以上の人の「年金収入+その他の合計所得金額」が、(1)単身世帯の場合で280万円以上、(2)2人以上の場合で346万円以上

3割負担者
 本人の合計所得金額が220万円以上で、同じ世帯にいる65歳以上の人の「年金収入+その他の合計所得金額」が、(1)単身世帯の場合で340万円以上、(2)2人以上の場合で463万円以上

問い合わせ先

介護健康課 介護保険係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。

  • 電話番号 01547-2-2171(内線番号:521番)
  • ファクシミリ 01547-2-4659