白糠町の居宅(在宅)介護サービス

最終更新日:2017年03月19日

訪問介護(ホームヘルプサービス)

ホームヘルパーが自宅を訪問し、身体介護や生活介護などを行います。

訪問入浴介護

事業者の介護スタッフ(看護師を含め通常3名程度)が自宅に浴槽を運び込んで寝たままでお風呂にいれてくれます。

訪問看護

看護師が自宅を訪問して、健康上のチェックや必要な看護、床ずれの処置、相談などを行います。

通所介護(デイサービス)

デイサービスセンターなどに行き、日帰りで食事や入浴、レクリエーション生活訓練などを受けられます。

通所リハビリテーション(デイケア)

介護老人保健施設や病院などに行き、日帰りでリハビリ(機能回復訓練)や介護や看護などを受けられます。

短期入所生活介護(ショートステイ)

介護老人福祉施設などに短期間宿泊して、必要な介護や食事、入浴、機能訓練が受けられます。

短期入所療養介護

介護老人保健施設などに短期間宿泊して、医療的なケアや必要な介護、看護、リハビリが受けられます。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症のある高齢者が専用の住宅(個室)で共同生活をし、必要な介護や食事、入浴などを受けられます。

特定施設入所者生活介護

介護保険の指定を受けた有料老人ホーム、ケアハウスなどで介護保険のサービスが受けられます。
※現在白糠町には施設がないため、入居の際は他市町村への転出・転居が必要となります。

福祉用具貸与

自分でできること(自立)を増やすために、さまざまな福祉用具が、レンタル(貸し出し)で利用できます。(12種類)

貸し出し可能なもの

  1. 車イス(付属品を含む)
  2. クッション、電動補助装置等の一定の車イス付属品
  3. 特殊寝台(付属品を含む)
  4. マットレス、サイドレール、スライディグボード等一定の特殊寝台付属品
  5. 褥そう(床ずれ)予防用具
  6. 体位変換器
  7. 手すり  
  8. スロープ(段差解消機を含む)
  9. 歩行器
  10. 歩行補助杖
  11. 認知症性老人徘徊感知機器 
  12. 移動用リフト(つり具を除く)

福祉用具購入費用支給

入浴や排泄に使う福祉用具について購入にかかった費用の9割が支給されます。
(利用限度額:年間10万円、毎年4月1日から1年間)

費用支給される用具一覧

  1. 腰掛便座(ポータブルトイレ)
  2. 特殊尿器
  3. 入浴補助用具
  4. 簡易浴槽   
  5. 移動用リフトのつり具 

住宅改修費用支給

安全で住みやすい住まいにするための、小規模な住まいの改修にかかった費用の9割が支給され同一の住宅で限度額は20万円までとなります。
支給限度額管理は、現に居住している住宅の住宅改修費のみが対象となります。転居などで住居が変わった場合は、改めて支給限度基準額20万円分の住宅改修費が受けられます。
また、最初の住宅改修に着工した日と比べて、要介護状態区分を基準として定める介護の必要の程度の段階が3段階以上重くなった場合には、例外として改めて支給限度基準額20万円分の住宅改修費がうけられます。

費用支給対象工事一覧

  1. 手すりの取付け
  2. 段差の解消
  3. 滑りの防止、移動の円滑化等のための床材料の変更
  4. 引き戸等への扉の取替え
  5. 洋式便器等への便器の取替え
  6. その他これらの各工事に付帯して必要な工事

問い合わせ先

介護健康課 介護保険係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。

  • 電話番号 01547-2-2171(内線番号:521番)
  • ファクシミリ 01547-2-4659