子ども医療費助成制度

最終更新日:2017年04月19日

白糠町では、子育て世代に対して経済的な支援を行い、安心とゆとりをもって子どもを産み、育てられる環境づくりの一環として、子どもの医療費を助成(無料化)します。

対象者

町内に住所を有し、健康保険に加入している、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの子ども(生活保護を受けている人は除きます。)

助成の範囲

対象者が病院や薬局で受診した場合の医療費(保険診療分)の自己負担分を次のとおり助成します。
受診するときは病院・薬局の窓口に保険証と受給者証を提示してください。

・北海道内の医療機関(歯科含む)、町内の整骨院等の医療費(入院・通院)及び調剤薬局で必要となる費用を現物給付方式により、全額助成(無料化)します。
   

医療費助成を受ける手続き(出生・転入した場合)

子どもが生まれたとき、白糠町に転入してきたときは、申請手続きをすることで受給者証が交付されます。忘れずに手続きをしてください。

手続きに必要なもの

  1. 子どもの名前が記載された健康保険証
  2. 印鑑
  3. 個人番号(マイナンバー)がわかるもの(保護者と子どもの分)
  4. (必要に応じて)前住地の所得課税証明書
※北海道の制度では所得制限がありますが、白糠町では所得制限は行なっていません。しかし、道が助成する医療費と町で助成する医療費(所得制限限度額超過者)の確認をするために、所得証明書の提出が必要になる場合があります。詳しくは役場の福祉課児童福祉係へお問い合わせください。
 

道外の医療機関等で受診した場合

道外の対象医療機関等に通院したときは、子ども医療費受給資格証が使えませんので、償還払い方式の手続きをしていただくことになります。

手続きに必要なもの

  1. 領収証
  2. 子ども医療費受給資格証
  3. 健康保険証
  4. 保護者名義の振込先銀行口座
  5. 印鑑(シャチハタ不可)

住所(町内転居)や保険証が変わったときは届出が必要です

住所(町内転居)や保険証が変わったときは届出が必要です。役場福祉課(2番窓口)もしくは庶路支所で手続きが出来ますので、必ず手続きください。

問い合わせ先

福祉課 児童福祉係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。

  • 電話番号 01547-2-2171(内線番号:527番・528番)