障がいのあるかたへの交通費などの助成制度

最終更新日:2017年03月19日

JR・バス・フェリー運賃の割引

身体障害者手帳又は療育手帳、精神障害者手帳の「旅客鉄道株式会社旅客運賃額」欄の記載内容に応じて受けられる割引の対象範囲が異なります。
※詳しくは各交通機関にお問合わせ下さい。

「第1種」のかた

公共交通機関割引一覧表
公共交通機関 割引内容
JR 本人と介護者の普通乗車券、急行料金等が、キロ数に関係なく半額になります。
※本人のみが乗車する場合、片道100キロメートルを超える場合のみ半額になります。
バス 本人と介護者の普通運賃が半額、定期券は3割引
※バス会社により割引に違いがある場合があります。
フェリー 本人と介護者の旅客運賃が半額

「第2種」のかた

公共交通機関割引一覧表
公共交通機関 割引内容
JR 本人のみ普通乗車券、急行料金等が、片道100キロメートルを超える場合半額。
バス 本人のみ普通運賃が半額、定期券は3割引
※バス会社により割引に違いがある場合があります。
フェリー 本人のみ旅客運賃が半額

有料道路(高速道路等)通行料金の割引

下記3点のいずれかに該当する場合通行料金が半額になります。
  • 障がい者本人が運転する場合
  • 第1種身体障害者の人で介護者が運転する場合
  • 療育手帳Aの人で移動のために介護者が自動車を運転する場合
※事前に申請が必要です。詳しくは福祉課社会福祉係へお問合わせ下さい。

生き活き外出支援助成(タクシー運賃補助)

タクシー運賃補助券100円券分を60枚交付します。
※使用出来るタクシー会社は「株式会社三州」・「介護タクシーひかり」となっております。

対象者

当該年度の4月1日時点で、身体障害者手帳が下記1から4に該当し、町内に居住し住民票に記載されている人。
当該年度の4月1日現在、町内に居住し、次の各号のいずれかに該当するかた
  1. 身体障害者手帳1級又は2級の交付を受けているかた
  2. 内臓機能障がいで身体障害者手帳3級のかた
  3. 療育手帳の交付を受け、「A」と判定されたかた
  4. 重度の知的障がいと判定、診断されたかた
  5. 精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けているかた
  6. 75歳以上の高齢者
  7. 62歳以上74歳以下の介護保険要支援1及び2を認定されているかた
  8. 65歳以上74歳以下の運転免許証を自主返納されているかた

申請に必要なもの

  • 印鑑(必須) 
下記のいずれか
  • 健康保険被保険証
  • 身体障害者手帳
  • 介護保険被保険証

交付場所

福祉課社会福祉係及び庶路支所

特定疾患等患者保護者援護費

 特定疾患等の治療のために町外(北海道内)の医療機関に通院しなければならない人、及びその保護者に対し、交通費の一部を助成します。

助成の範囲

通院にかかる交通費の3分の2

申請に必要なもの

  • 健康保険証
  • 特定疾病療養受給者証等
  • 印鑑

問い合わせ先

福祉課 社会福祉係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。

  • 電話番号 01547-2-2171(内線番号:529番・530番・531番)