カラスの巣の駆除

最終更新日:2017年03月19日

市街地の自宅や近所の公園の木などに作られた「カラスの巣」は、町で駆除しています。発見した場合は、連絡してください。4月後半から7月後半までカラスは巣をつくります。巣をつくり、卵をうみ、雛がかえると、巣に近づく人を攻撃しようと襲ってきます。また、市街地でカラスにエサを与える行為が見受けられます。カラスにエサを与えると、市街地での繁殖活動を助長し、営巣活動が活発化します。カラスが増えることにより、住宅の屋根や壁、自動車、庭へのフンの被害も報告されています。カラスにエサを与えることは絶対にやめましょう。 

カラスの巣を見つけたら

白糠町保健福祉部町民サービス課生活環境係へご連絡下さい。 
※電柱の場合は、北海道電力株式会社 釧路支店(電話番号:0154-23-1111)に連絡してください。

問い合わせ先

町民サービス課 生活環境係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。