介護予防・日常生活支援総合事業

最終更新日:2018年05月31日

「要支援1または2」と認定されたかた、または「基本チェックリスト」により生活機能の低下が見られたかたは、介護予防・日常生活支援総合事業(通称:総合事業)における「介護予防・生活支援サービス事業」を利用することができます。

介護保険サービスおよび新しい総合事業利用の流れ

総合事業利用の流れについては下記を参照ください。

白糠町介護予防・生活支援サービス事業

サービスの種別については下記を参照ください。

一般介護予防事業

利用できるかた
 65歳以上のすべてのかた、またその支援に関わるかた

介護予防教室 (もの忘れ・運動器・口腔器)
  認知症予防に関する講話や脳トレ、転倒予防、誤嚥性肺炎などを予防する教室です。

生活・介護支援サポーター養成講座
 高齢者へのお手伝いをおこなうボランティアを養成します。
 高齢者に関する基礎的知識や社会福祉サービスや介護サービスなどの基礎知識、コミュニケーション技術を習得するための講座
 です。1年おきに養成講座を開催しています。
  ※平成29年度に開催済みで、次回は平成31年度に開催を予定しています。

高齢者介護予防把握事業
 65歳以上の高齢者のかたに「基本チェックリスト」を利用し、閉じこもりなど何らかの支援が必要な高齢者を把握し、介護予防
 活動への参加につなげます。