冬道の交通安全

最終更新日:2018年02月15日

危険路線&危険ゾーンマップ

  • 危険路線&危険ゾーンマップ(冬期)

    釧路警察署では、冬道の交通安全対策として、危険路線&危険ゾーンマップを作成しました。白糠町でも道道242号(西庶路~上庶路間)が選定されています。凍結路面に十分注意して、運転してください。

町内で死亡交通事故発生

 1月21日午前5時30分頃、白糠町恋問3丁目の国道38号で、軽トラックと大型トラックの正面衝突による交通事故が発生しました。
 この事故で、軽トラックを運転していた30代の男性が亡くなりました。

運転手の皆様へ
○濡れているように見えても、凍っている!!
⇒ブラックアイスバーンに要注意
朝や晩は、気温が氷点下でなくても、気温の低下により路面の雪や雨が凍結するので、注意が必要です。
○運転に集中!!
⇒適度な休憩でリフレッシュ
夜間や明け方の運転は眠気を誘い、集中力が低下しやすいので、道の駅やコンビニなどの駐車場で一時休憩を取りましょう。
○乗ったら必ずシートベルト!!
⇒命をつなぐ一本のベルト
シートベルトは、万が一の衝突の時に、車内での2次衝突や車外への放出による被害を抑えることができます。
参考:釧路警察署「北のひろめーる」

問い合わせ先

町民サービス課 交通対策係

メールにてお問い合わせいただいた場合は、職員個人のメールアドレスより返信されます。